Search
Search Menu

合宿免許は一時帰宅ができるプランもある

合宿免許は基本的に2週間、滞在施設に宿泊しながら講習を受講する形になります。自動車学校によって様々な形のプランが企画されていますが、その中には、2週間の休暇を確保できないという方の為に一時帰宅を可能にした、柔軟な合宿免許プランも企画されています。

例えば、合宿期間を2期に分けて講習を受ける形になります。まず、宿泊施設に滞在しながら1期の講習を受けます。1期の講習が終わったら一時帰宅して、用事が済んだら再び宿泊施設で滞在して、2期目の講習を受ける形です。こうすれば、学校やアルバイト等でどうしても2週間の期間を確保できない方や、友人や恋人との約束があって合宿に参加しにくいという方も、無理なく運転免許を取得できるでしょう。

この形の合宿免許は、一時帰宅の為にかかる往復費用がネックになります。そこで、できるだけ合宿免許の費用を抑えたいのであれば、交通費を負担してくれるプランを企画している自動車教習所を選ぶのが大切です。

一時帰宅を可能にしている合宿免許のプランは、各自動車学校が特賞を活かした企画をしています。リゾート地から近い環境をアピールしていたり、施設が充実している点を強調している事もありますので、自動車学校毎の特色を把握した上で利用の検討を進めると良いでしょう。